タイプ別の歯並び問題|歯並びがズレている原因を知って矯正歯科に行こう!

自分がどの歯並びのタイプなのか調べよう!矯正治療への一歩

矯正News

一歩を踏み出そう

歯並びのコンプレックスを抱えていても、なかなか矯正治療にかかる一歩を踏み出せずにいる方は多いのではないでしょうか。しかし、歯並びが引き起こす問題は意外と深刻です。自分がどの歯並びタイプかを知って、矯正治療が必要か見極めましょう。

タイプ別の歯並び問題

歯

言葉の発音に関係する

矯正治療が必要になる歯並びには種類があります。まず1つめは、受け口と言われるものです。基本的な噛み合わせの反対の並びになっている状態を指します。下の前歯が上の前歯より出てしまっている状況です。この並びにより、発音にも影響が出てしまう可能性があるので矯正は必要なものだと言えます。町田にも矯正歯科はあるのでお子さんの発音が気になったら、一度相談をしてみるのも良いでしょう。

噛み合わせが合いづらい

開咬と呼ばれる歯並びは奥歯で食べ物を噛んでも前部分や横部分に隙間が出来てしまうものです。なぜ隙間が出来てしまうかというと、噛み合わせが合いにくい歯並びだからです。そのため、咀嚼の問題も関わってくるので矯正治療を推奨されるのです。

色んな問題を含む

一般的にも出っ歯と呼ばれている歯並びは、上の前歯が下の前歯より異常に出てしまっている状況を指しています。また容姿が気になる問題や、口が半開きになりやすく歯周病などのリスクもあるので矯正によって解決することをおすすめします。

この理由で矯正を始めました

子供の将来を考えて

私の子供は歯並びが少しズレていたんですが、あまり気にしていなかったんです。しかし歯科検診で虫歯などのリスクが高くなることを知って、子供の矯正治療をさせてあげようと思いました。子供のうちから始めた方がいいと聞いていたので、早くで気づけてよかったです。

発音しづらい

私はこれまで自分の喋った言葉が相手に聞き取りづい喋り方であることを自覚していました。でも何故そうなっているのか理由がわからなかったんです。そしたら歯並びの悪さが発音にも関係している事を知って、矯正治療を始めようと決意をしました。今では始めてよかったと思っています。

モデルを目指して

モデルを目指した時に、レッスンの先生に矯正勧められたことがキッカケになりました。やはり歯並びは容姿にも大きな影響を出すので矯正によってそれらの問題を解決することは大切だと感じました。矯正をして歯並びを良くしたことによって顔のバランスも良くなったので総合的に見ても良い結果だと思います。

コンプレックスの解消

子供の頃から、歯並びが悪いことにコンプレックスを感じていました。喋る時や笑う時でも手を口に当てて喋るのが癖になっていたくらいだったのです。大人になってやはりこのコンプレックスを解消したいと思い、矯正治療を始めました。時間はかかりますが、だんだんと揃っていく歯を見て長年の悩みが消えていくのがとても嬉しかったです。