食事での注意点|歯並びがズレている原因を知って矯正歯科に行こう!

矯正歯科での矯正治療が始まったら食事に気をつけよう

矯正News

食事での注意点

院内

固くて粘つきのあるもの

矯正歯科は富山にもありますが、矯正の治療を始めたら食事に気をつけなければなくなります。絶対禁止というわけではありませんが、食べることによって治療に差し支える可能性があるからです。矯正器具が外れるリスクや負担がかかる食べ物は、キャラメルなどの粘つきがあり固い食べ物です。

細かい食べ物はかかりやすい

矯正器具と歯の間には隙間が存在していて、細かい食べ物が挟まりやすい環境にあると言えます。だからこそ、ひき肉や繊維がかかりやすい食べ物を食べた後は、いつも以上に歯磨きを気をつけなければなりません。

着色を避ける

意外と思われるかもしれませんが、矯正器具にあるゴム素材のものは食べ物による着色が起きやすいです。着色が気にならないのであれば問題はないですが、出来るだけ避けた方が良いでしょう。コーヒやワイン、他にはカレーでも着色するので覚えておくと気をつけやすいです。